ビビーブ治療

女の人

メス、麻酔、抜糸を必要としない膣の治療

ビビーブの治療は外科的な手術と違い、メスや麻酔、抜糸を必要としません。そのため痛みもなく腫れや出血という問題に不安を抱えることもないのです。さらに、麻酔の導入が不要になるので治療自体も短時間で済みます。基本的には30分程で終えることができるとされており、治療後は入院の必要がなくすぐに帰宅することができるのです。また、一回の治療で完了するので何度も通院を重ねる必要もなく、その分の治療費を軽減することもできます。ビビーブではどのような効果が得られるかというと、膣内の細胞を活性化させることによりコラーゲンの再構築から回復まで行ない膣の引き締めを自然に実現させる効果があります。これらの効果によって性行為に対しての充実感を取り戻すことができるようになるでしょう。

ビビーブの治療の流れと効果の説明

ビビーブは小さな医療機械を用いて行います。そのため挿入時に痛みを感じることもなくて済みます。またこの機械によって膣内の壁を刺激していき、膣内全体に治療を施すのです。この治療によって1ヶ月程で効果が表れるようになり、徐々に膨らみを取り戻していきます。その膨らみは細胞が自然に作り出したものになるので見た目の変化もないので安心することができるでしょう。治療後はゆっくりと効果が現れていくので一年も経てば、治療当初と比べて大きく変化しているはずです。ビビーブはこのような治療になっているので自分の膣に不満を抱いている方がいればまずは、ビビーブを行なっている病院などに相談してみることをオススメします。